青空競馬場

青空競馬場

競馬ビジネスが成り立つのはファンのおかげ

競馬はビジネスとしてどのように成り立っているのでしょうか。これは非常に単純で、もっとも基本となる収入は客からの賭け金ということになります。たとえば、勝った馬の馬主や調教師、騎手に支払われる賞金、そして馬券が的中した客に支払われる配当金は、もともと客が賭けたお金なのです。

また、競馬を運営している以外に競馬をビジネスにしている人も大勢います。競馬新聞を発行している会社、評論家、予想家などがそうです。そういった人にお金を払うのもファンなので、他のスポーツのように大きな会社がスポンサーとなって運営を支えているというわけではなく、ファンがビジネス全体を支えているということになります。
したがって、ファンが離れていって、誰も馬券を買わなくなったらビジネスは成り立たなくなってしまいます。実際、地方ではそういうことが起こっていて、運営する人たちはいかにしてファンが離れないようにするか、どうやったらファンが増えるのかを日々考えているのです。


競馬をビジネスと考えるのなら

競馬ファンはたくさんいますし、好きが高じて馬主になる人もいます。
ただ、馬主となると一番肝心なのが競馬はビジネスであり、馬は生き物という事を 忘れてはいけません。
もし、競馬隙が高じて馬主になったとしますが、持ったからにはビジネスを成立させなければなりません。
ただ、忘れてはならないのは馬にも体質というものがあり、腰の弱い物や前足の弱いものなどもいますし、 レースを連続に出すとバテてしまって廃馬になってしまうケースもあります。
馬の性質を知ったうえで、レースを出すことをしてください。
馬にも休養というものが必要です。
中には、タフな馬もいましたが、そのような馬はそう多くはありません。
名馬もそうですが、良い成績をだしているのは休養をさせているからです。
そのことを頭に入れて、馬主ビジネスをしていきましょう。
競馬をビジネスと考えるのであれば、命ある物を使っているという事を考えて馬主になってください。
良い馬に出会えるかどうかは、運次第です。

Favorite

受け口の整形を申し込み

Last update:2017/6/30